冬の乾燥対策は睡眠が重要だった!寝不足はお肌の大敵

<スポンサーリンク>

睡眠不足だとお肌がカサカサに

2suimin

乾燥の激しい冬場にお肌を美しく保つには、十分な睡眠が欠かせません。

寝不足気味や徹夜明けのとき、肌のコンディションが大荒れになったことはありませんか。

私も何度か経験がありますが、肌の状態が最悪だと外に出て人に会うのも億劫になってしまいますよね。

 

睡眠はどんな高価な基礎化粧品よりも、お肌にとって一番の美容液なのです。

ここでは、冬のお肌の乾燥対策になる賢い睡眠方法をご紹介しましょう。

 

注目すべき新陳代謝

私たちの肌は、眠っている間にターンオーバーが起こるのです。

ターンオーバーとは、肌の細胞の新陳代謝を指します。

肌の細胞は日々皮膚の奥で作られていて、新しい細胞が古い細胞を押し上げ、はがれ落ちるようになっているのです。

普通、ターンオーバーは四週間くらいかけて行われます。

古い角質が自然にはがれ落ちればお肌にも問題がないのですが、いつまでも残ってしまうと肌がくすみ、ガサガサに乾燥してしまいます。

 

ターンオーバーは睡眠中に脳から出る「成長ホルモン」によって行われます。

さらに、「美肌ホルモン」と呼ばれる女性ホルモンも眠っている間に分泌されるとか。

睡眠時間が十分でないとターンオーバーがきちんと行われない上、美肌ホルモンの恵みも受けることができないため、カサカサお肌になってしまうのです。

新陳代謝を促すためにも、しっかり睡眠を取りたいものですね。

きちんと睡眠をとった翌朝は、気分もお肌も快調ですから。

 

⇒ プチプラコスメ化粧水編!人気ブランド1位は無印良品!おすすめアイテムはこれ!

⇒ スマホブスに注意!10代のうちから気をつけると予防にもなる!?

 

美肌のゴールデンタイムとは

3suimin

一般的に、肌のターンオーバーが盛んに行われる22時から夜の2時くらいまでを「お肌のゴールデンタイム」と呼んでいます。

一番理想的なのは、この時間帯に睡眠を取ることです。

とはいえ、何かと忙しくつい寝るのが遅くなってしまいがちな人も多いのではないでしょうか。

ゴールデンタイムに就寝できなくても、寝始めの三時間にぐっすり熟睡できていれば、

成長ホルモンがきちんと分泌されるそうです。

<スポンサーリンク>

ちなみに、成長ホルモンの恩恵を受けるには、毎日同じ時間帯に眠ることが大切です。

生活リズムをキープすることが質の良い睡眠につながるのです。

加湿器で寝るときも乾燥対策を

4suimin

朝起きたら喉やお肌がガサガサしていた、なんて経験は誰しも一度はあるのではないでしょうか。

空気の乾燥する冬は、眠っている間も乾燥対策をしたいものです。

 

乾燥が気になるときは、枕元に加湿器を置いてみましょう。

加湿器にも色々なタイプがありますが、寝室にはノンスチームの気化式タイプがおすすめです。

長時間付けていても電気代があまりかかりませんし、熱を発しないので安全性が高いです。

しかもほとんど音がせず静かです。

 

アロマで安眠効果も♪

5suimin

ぐっすり眠りたいときには、安眠効果のあるアロマがおすすめです。

リラックス効果の高いアロマは、以下になります。

・ラベンダー

・カモミール

・オレンジ、レモンなどの柑橘系

・ネロリ

・ローズ

これらの香りはリラックスした時に働く副交感神経を優位にし、穏やかで寛いだ気分にしてくれます。

注意したいのは、いくら安眠効果があるといっても、あなたが「いい匂いだな」と思わなければ効き目がないということです。

ぜひ好みの香りを選びましょう。

 

アロマを取り入れる方法は、

・オイルを気化式加湿器に数滴たらす

・お風呂に数滴入れて香りを楽しむ

・枕に1滴たらす

・サシェを枕元に置く

などが挙げられます。

ご自分に合った方法でアロマを楽しみましょう。

 

⇒ アーモンドダイエットの一週間レシピ! 作り方、レシピと効果は?

⇒ フルーツグラノーラではダイエットは成功しない?無駄に終わってしまう理由は?

 

まとめ

きちんと睡眠を取っていれば、冬場でも美肌をキープできるのです。

何かと忙しいとは思いますが、お肌のためにも寝る時間はしっかり確保してくださいね。

 

寝付きが悪いという人は、ご紹介したアロマを試してみてはいかがでしょうか。

きっとぐっすり眠れるはずです。

ぜひ日々の睡眠の質や寝室の環境を見なおして、お肌の乾燥対策に役立てましょう。

 

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

シェア!

Loading Facebook Comments ...